節分におすすめ!毛糸ヘアーのオニのお面を作ろう!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

節分におすすめ!毛糸ヘアーのオニのお面を作ろう!

長い毛糸を扱うのに苦労していましたが、両面テープを使って貼ることで、3歳児でも楽しく作ることができました。
カラフルな毛糸を使うことで、色あざやかな作品になりました。
この通りに製作する必要はありませんので、一つのアイディアとして参考にして頂ければうれしいです。

  • お気に入りに追加しました
  • 磯亜矢子さん
  • お気に入り 0
  • 191 views
  • 更新日 2021/01/18
  • 対象年齢
  • 3歳児
  • 季節
  • 2月
  • 行事
  • 節分
  • 製作の準備

    1鬼の顔、角、目、鼻、まゆげ、口、キバなどのパーツを、色画用紙を切って作ります。

    保育者が事前に用意するか、子どもたちが作るかは、子どもの年齢に応じて変えるといいと思います。今回は、全て保育者がパーツを用意しました。

    2鬼の顔の形に切った色画用紙に、写真のように両面テープを貼ります。

    鬼の顔を作っているうちに、紙の毛を貼るスペースがなくなってしまうことがあるので、事前に鬼の髪の毛となる毛糸を貼る部分に、両面テープを貼っておきました。

    毛糸ヘアーのオニのお面を作ろう!

    1まゆげをハサミで切ります。

    まゆげの色画用紙は一回切りで切れる幅を用意しました。

    2色画用紙で作った各パーツをのりで貼ります。

    3両面テープの剥離紙をはがし、毛糸を付けて完成です。

    毛糸は単色ではなく、カラフルのものを使うと、色あざやかになります。

    あそれぽ

    このレシピの著者

    磯亜矢子

    磯亜矢子
    公立保育園保育士。栃木県那須塩原市で2001年より勤務し、現在に至る。
    『Piccolo(ピコロ)』(学研)に製作アイディア、『お誕生会パーフェクトブック』(ナツメ社)にシアターのアイディアを提供。
    子どもと一緒に楽しむことを大切に、「明日も保育園に行きたいな」と思ってもらえるような保育を心がけている。
    保育士として勤務する傍ら、保育者向けにシアターづくりや、製作などのワークショップも開催している。

    おすすめ冬レシピ

    Hoickおうちセミナー

    Hoickおうちコンサート