でんでんオニ太鼓であそぼう!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

でんでんオニ太鼓であそぼう!

シール貼りが楽しくなってきた子どもたち。何度もシール貼りを経験していくうちに、ねらった場所に貼れるようになってきました。
丸く切った顔にシールを貼って鬼の顔をつくりましたが、同じ材料でも、シールを貼る位置によって表情が一つひとつ変わってきます。貼り終わった鬼を見て満足そうな表情をする子、棒を持って鬼の顔を自分の顔に重ね「いないいないばあ!」と友だちに向けて笑う子などさまざま。
鈴をつけると音が鳴り、さらに大喜び!「まめまき」の曲に合わせて振り、鈴の音を鳴らして楽しみました。
※この通りに製作する必要はありません。一つのアイディアとして参考にして頂ければうれしいです。

  • お気に入りに追加しました
  • 磯亜矢子さん
  • お気に入り 0
  • 184 views
  • 更新日 2021/01/18
  • 対象年齢
  • 1歳児2歳児
  • 季節
  • 2月
  • 行事
  • 節分
  • 製作の準備

    1丸シールを組み合わせ、目玉シールを作ります。

    2水色の色画用紙を丸く切り、同じく、丸くカットした段ボール板に糊付けします。そして、写真のようにビニールテープを巻いた割り箸を差し込みます。

    段ボールの断面のギザギザ部分に割り箸を差し込むようにするので、段ボールを丸くカットする際、断面に気を付けましょう。

    3黄色の画用紙を角の形に切り、模様を描きます。

    4髪の毛の形に切った色画用紙と③の角を、②に糊付けします。

    5鈴にたこ糸を結びつけます。

    鈴が取れないようにしっかりと結びましょう。

    でんでんオニ太鼓を作ろう!

    ①で用意した目玉シールや、ほっぺになるオレンジの丸シール、お鼻の形にカットした画用紙を、子どもたちと一緒に貼り付けていきます。
    とってもユニークな鬼の顔が出来て楽しいですよ。

    最後に、⑤で用意した鈴を結び付けて完成です。
    振るだけでも音がするので楽しめます。

    鈴を子どもたちが口に入れてしまうことのないように注意しましょう。

    あそれぽ

    このレシピの著者

    磯亜矢子

    磯亜矢子
    公立保育園保育士。栃木県那須塩原市で2001年より勤務し、現在に至る。
    『Piccolo(ピコロ)』(学研)に製作アイディア、『お誕生会パーフェクトブック』(ナツメ社)にシアターのアイディアを提供。
    子どもと一緒に楽しむことを大切に、「明日も保育園に行きたいな」と思ってもらえるような保育を心がけている。
    保育士として勤務する傍ら、保育者向けにシアターづくりや、製作などのワークショップも開催している。

    おすすめ冬レシピ

    Hoickおうちセミナー

    Hoickおうちコンサート