雪あそび「カラフルボール」/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

雪あそび「カラフルボール」

雪あそびアイディアの一例です。
雪玉に色水をかけるとどんな変化が起こるのか。
ここから子どもたちが自由な発想であそびをふくらませていくことでしょう。

  • お気に入りに追加しました
  • 対象年齢
  • 2歳児5歳児
  • 作り方

    1容器に雪玉を入れて、水に溶いた絵の具をかけます。

    2さまざまな色水をかけます。

    3雪玉を裏返して、裏にも色水をかけ、カラフルボールの完成です。

    雪玉にしなくても楽しめます。
    さまざまな色が混ざることで色水あそびに発展したり、アイスクリーム屋さんのようなごっこあそびに発展したりすると思います。
    白い雪でのあそびを十分楽しんだ後に、色水を用意すると、雪が持つ別の面白さを楽しむことができると思います。
    白い雪であそぶことを十分に楽しんだ後、色を付けたら子どもたちは、さらにどんなあそびに展開させていくのだろう、という観点から色水を用意するといいと思います。まずは一色でもいいと思います。
    たくさんの色を使って、色を混ぜていくと、濁った色になることもあります。大人はきれいなままの色を保てばいいのにと思ったりしますが、たくさんの色を混ぜると濁った色になるということを経験してきたからこそ感じる感覚だと思います。子どもたちにもいろいろな経験をさせてあげたいですね。どうあそぶのか、見守りながら一緒に楽しんでみてください。
    最後に
    製作アイディアをいくつか載せていますが、子どもたちとこんなものを作ったら楽しいのではないかというヒントになればうれしいです。
    そのときに大事にしたい思いを私なりに書いてみます。
    子どもの発想力は大人の考えを越えていく素晴らしさがあると思っています。その発想力を引き出したり、広げたりすることが出来たら素敵だと思うのです。どうやって?と思うかもしれませんが、ここに載せているものは完成品ではありません。
    「こうあるべき」というものではなく、柔軟に考え、最終的に出来た形が違っていても、子どもたちが楽しめた時間があったら大成功だと思います。「こうしなくては」という思いにとらわれず、子どもの発想もどんどん交えてみると、保育者も新しい発見をしたり、子どもの思考の豊かさに気づくことになるのだと思います。
    製作をする歩み、過程をぜひ楽しんでみてください。

    あそれぽ

    このレシピの著者

    近藤みさき

    近藤みさき
    まちのてらこや保育園 園長 兼 保育系作家

    足立区の公立保育園で27年勤務後、2020年4月より、まちのてらこや保育園園長に就任。
    学研「あそびと環境0.1.2歳」カードシアター連載。簡単カードシアター4シリーズ発売中。
    学研、小学舘、メイト、日本コロムビア、キングレコード等で、イラスト、あそび、製作、劇あそび、運動会種目等、保育に関わることを手掛けている。

    おすすめ冬レシピ

    Hoickおうちセミナー

    Hoickおうちコンサート