少しずつ水に慣れながらプールあそびを楽しもう!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

少しずつ水に慣れながらプールあそびを楽しもう!

暑い夏になり、待ちに待ったプールあそび。
でも、なかには顔に水をつけるのが嫌な子もいます。
そこで、簡単な水あそびや環境づくりを通して、プールあそびが苦手な子にも少しでも楽しんでもらえるよう、私のクラスで取り組んだいくつかの実践例を紹介します。

  • 福田翔さん
  • 112 views
  • 更新日 2020/08/10
  • 対象年齢
  • 0歳児5歳児
  • 季節
  • 7月 8月
  • プールあそびを楽しもう

    まずは、大きなプールではなく、ビニールプールや、大人のひざ下ほどの浅いプールで水に慣れることからはじめるといいと思います。

    1水に慣れよう

    いきなり水に顔をつけたりするのではなく、まずは水に慣れることを目指しました。
    お風呂用の浮かぶ遊具や、水を流すとクルクル回る水車などを使って、水であそぶことで、少しずつ慣れていきました。

    2流れるプールであそぶ

    みんなでプールに入り、時計回りなど一定の方向に進むことで、流れるプールを作ります。
    子どもたちは流れるプールが大好きで、顔に直接水が触れなくてもあそべることもあり、水が苦手な子でも一緒に楽しむことができました。

    3水をかけてあそぶ

    少しずつ水に慣れてきたら、水鉄砲やケチャップなどの空き容器を使って、水をかけ合ったり、水をぴゅーっと遠くに飛ばすあそびをしました。
    ゴーグルをして、目に水が入らないようにしておくと、より楽しみやすくなると思います。

    4変身ごっこ

    みんなでプールに入り、保育者が言った生き物に変身します。
    例えば、カエルになってプールの中をバシャバシャと跳ね回ってみたり、イヌになり四つんばいでプールの中を歩き回ってあそびました。
    最後はワニになり、プールに腹ばいになって移動しながら、みんなで変身ごっこを楽しみました。
    プールあそびのまとめ
    まずは、水が苦手な子へは、ステップ1・2で、友達と水で楽しくあそぶ経験を少しずつ積み重ねていき、水に対する苦手意識を徐々に克服できるようサポートしていきました。
    少しずつ水に慣れてきたところで、ステップ3・4のように、少し水がかかったり、プールに浸かるようなあそびに移行していきました。
    このようなあそびを通して、私のクラスでは大体の子が、夏の終わり頃には顔に水をつけられるようになりました。もちろん怖がっている子を無理に慣れさせる必要はありません。子どもの様子を見ながら、スモールステップを心がけていました。

    このレシピの著者

    福田翔

    福田翔
    あそび歌作家。都内の保育園に8年間勤務後、2014年より、あそび歌作家として活動開始。2017年より、雑誌「新 幼児と保育」(小学館)にて、連載「翔くんのあそびうたキャラバン」がスタート。2017年、ぐんまこどもの国児童館会館のマスコットキャラクター「にこっとちゃん」のイメージソングを制作。2018年、「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)2月の月の歌『おはよう!』、イオンファンタジーのマスコットキャラクター「ララちゃん」のオリジナルあそび歌「モーリーファンタジーへようこそ」の作詞・作曲を手掛ける。「アンパンマンくらぶ」(BS日テレ)に出演。2019年、雑誌「0・1・2歳児の保育」(小学館)にて、連載「0・1・2歳児の発達に寄り添うあそびうた」がスタート。

    おすすめ秋レシピ