相撲であそぼう!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

相撲であそぼう!

相撲と一口に言っても、ルールを変化させれば小さい子でも、お相撲ごっことして楽しめます。
幼児になれば、ルールのある相撲を楽しむことができると思います。
けがのないように注意しながら、楽しく相撲であそべるといいですね。

  • 福田翔さん
  • 105 views
  • 更新日 2020/08/10
  • 対象年齢
  • 2歳児5歳児
  • 乳児クラスであそぼう

    相撲は、乳児~幼児クラスまで幅広くあそぶことができます。
    乳児クラスでは、特に土俵をつくらなくても「のこったのこった!!」と言いながら、
    お友達と押し合いっこするだけで、お相撲ごっこを楽しめます。

    3歳児クラスであそぼう

    3歳児くらいになると徐々に勝敗をつけられるようになり、
    「土俵から出たら負け」「土俵の中で手やひざをついても負け」など、
    少しずつルールのある相撲を楽しむことができると思います。

    順番待ちの子は応援

    順番待ちをしている子どもたちは、土俵の周りに座ってお友達を応援してもらいます。
    「相撲をとっている子」「順番待ちをしている子」双方が楽しく参加することができます。
    その際には、東と西にござやマットなどを敷いて、応援席を分かりやすく設定しておくことも大切です。
    相撲あそびの留意点
    相撲をとっていると、つい力が入ってしまい、お友達の顔を押したり、たたいたり、ひっかりたりして、相手にけがをさせてしまう可能性もあります。
    「相手の顔は触らない」「たたいたり、ひっかいたりしない」などのルールを事前に伝え、必要に応じて確認していくことで、安全に楽しめるようにしていました。

    このレシピの著者

    福田翔

    福田翔
    あそび歌作家。都内の保育園に8年間勤務後、2014年より、あそび歌作家として活動開始。2017年より、雑誌「新 幼児と保育」(小学館)にて、連載「翔くんのあそびうたキャラバン」がスタート。2017年、ぐんまこどもの国児童館会館のマスコットキャラクター「にこっとちゃん」のイメージソングを制作。2018年、「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)2月の月の歌『おはよう!』、イオンファンタジーのマスコットキャラクター「ララちゃん」のオリジナルあそび歌「モーリーファンタジーへようこそ」の作詞・作曲を手掛ける。「アンパンマンくらぶ」(BS日テレ)に出演。2019年、雑誌「0・1・2歳児の保育」(小学館)にて、連載「0・1・2歳児の発達に寄り添うあそびうた」がスタート。

    おすすめ冬レシピ