日々の生活のなかに障害物サーキットを取り入れよう/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

日々の生活のなかに障害物サーキットを取り入れよう

ぼくが勤めていた園には、園庭にいろいろな遊具がありました。
そこで、毎日の行動がより楽しくなるように、生活のなかに障害物サーキットを取り入れてみました。
例えば、園庭あそびから部屋に戻るときなど、部屋に戻ることを嫌がる子どもも、あそびながら部屋に戻ることができると思います。

  • gaagaaSさん
  • 450 views
  • 更新日 2020/08/20
  • 対象年齢
  • 2歳児5歳児
  • 必要な物
  • 遊具
  • ルートを決める

    園庭から部屋に戻るルートを決めます。子どもたちと一緒に考えるといいと思います。
    平均台を渡って、滑り台を滑って、山に登ってジャンプしてなど、いろいろなルートが考えられます。
    ルートが決まったら早速スタートしますが、まず、保育者がやって見せると、より伝わりやすくなりますし、子どもたちも障害物サーキットに入りやすくなると思います。
    また、遊具だけでなく、例えば、園庭に大きな木があれば「木にタッチする」など、自由にルートを考えると楽しいです。
    早さを競うようにはせず、子どもたちに並んでもらって順番にスタートすると、ぶつかったりというトラブルになりにくいです。

    一人一人との関わりも忘れずに

    保育者が子どもたち一人一人と関われるように、「最後は先生にタッチして部屋に戻る」や、「順番に保育者とじゃんけんをして勝ったら先に進める」など、保育者も一緒になって楽しむと、子どもたちはうれしいのではないかと思いました。

    このレシピの著者

    gaagaaS

    gaagaaS
    ギター担当のまつむらしんごと、キーボード担当の別府のどかによる、キッズミュージックユニット。2013年10月に結成し、子どもから大人まで、みんなで楽しめるこどものうた・あそび歌を中心として、元気あふれるステージを行っている。2020年、イオンファンタジーのマスコットキャラクター「ララちゃん」のオリジナル体操「ラララ体操」の作詞作曲を手掛ける。

    おすすめ冬レシピ