宝石探しゲーム!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

宝石探しゲーム!

大きめの石ころや木の枝、まつぼっくりなどを宝物として、行っていた宝探しゲーム。
でもあそんでいるうちに、どの石ころが宝物だったかわからなくなったり、あれでもないこれでもないともめごとになってしまったり。。
そこで思いついたのが、この宝石探しゲームです。

  • gaagaaSさん
  • 428 views
  • 更新日 2020/08/20
  • 対象年齢
  • 3歳児5歳児
  • 石ころを宝石にしちゃおう

    宝物がどれだかわからなくならないように、選んだ大きめの石ころをホイルカラー折り紙などで包んでテープで留めれば、宝石の完成です!色に合わせて、ルビーやサファイアと呼べば、気分は怪盗!
    隠された宝石を探し回る子どもたちは真剣そのものです。

    ヒントを出してみよう

    隠した宝石が、なかなか見つからないようなときは、隠した人が、少しずつヒントを出すようにしました。
    「そっちじゃないよ」「もっとあっち」や、「ゆうちゃんの近く」「滑り台から砂場までのどこか」など、自分たちで上手にヒントを考えてあそんでいました。
    たまに「えーとね、ここの辺り!」と、丸わかりのヒントを出しちゃう子もいたりして楽しかったです。
    どこかに埋めて隠して見つからないままになってしまうと、環境によくないので、埋めて隠すことは無しにしていました。
    また、宝石の取り合いにならないよう、子どもたちの様子を見守りながらあそぶといいと思います。

    このレシピの著者

    gaagaaS

    gaagaaS
    ギター担当のまつむらしんごと、キーボード担当の別府のどかによる、キッズミュージックユニット。2013年10月に結成し、子どもから大人まで、みんなで楽しめるこどものうた・あそび歌を中心として、元気あふれるステージを行っている。2020年、イオンファンタジーのマスコットキャラクター「ララちゃん」のオリジナル体操「ラララ体操」の作詞作曲を手掛ける。

    おすすめ秋レシピ