影踏みあそび/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

影踏みあそび

保育者が子どもの影を踏もうとすると、子どもたちが踏まれないように逃げ出すところからあそびが始まりました。
すぐにあそべて楽しいので、天気の良い日におすすめです。

  • 福田翔さん
  • 195 views
  • 更新日 2020/08/10
  • 対象年齢
  • 2歳児5歳児
  • あそび方

    保育者が子どもの影を踏もうとすると、子どもたちが踏まれないように逃げ出すところからあそびが始まりました。
    次第に、子どもたちが保育者の影を踏みにきたり、楽しくあそびが発展していきます。
    保育者が逃げる役になることで影踏みあそびはさらに楽しくなります。
    子どもたちと思いきり走りまわることができて、とても楽しいあそびです。

    さらに子どもたちと意見を出し合いながら、あそびを広げていけるといいですね。
    影に夢中になってあそぶ子どもたち同士が、ぶつかってしまうことのないように注意しましょう。

    このレシピの著者

    福田翔

    福田翔
    あそび歌作家。都内の保育園に8年間勤務後、2014年より、あそび歌作家として活動開始。2017年より、雑誌「新 幼児と保育」(小学館)にて、連載「翔くんのあそびうたキャラバン」がスタート。2017年、ぐんまこどもの国児童館会館のマスコットキャラクター「にこっとちゃん」のイメージソングを制作。2018年、「おかあさんといっしょ」(NHKEテレ)2月の月の歌『おはよう!』、イオンファンタジーのマスコットキャラクター「ララちゃん」のオリジナルあそび歌「モーリーファンタジーへようこそ」の作詞・作曲を手掛ける。「アンパンマンくらぶ」(BS日テレ)に出演。2019年、雑誌「0・1・2歳児の保育」(小学館)にて、連載「0・1・2歳児の発達に寄り添うあそびうた」がスタート。

    おすすめ冬レシピ