折り紙とトイレットペーパーの芯で作るオニこけし!/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

折り紙とトイレットペーパーの芯で作るオニこけし!

折り紙とトイレットペーパーの芯で作る、こけしの形をした鬼です。
日頃いろいろな廃材を集め、「なんでもボックス」に入れていました。たくさん集まったトイレットペーパーの芯を指先に入れて、動かしてあそぶ子どもたちの姿をみて、この「オニこけし」を思いつきました。
さまざまな色の折り紙を用意し、好きな色で作りました。トイレットペーパーの芯に、ちぎった折り紙を貼るとき、手がのりでべとべとになり、苦労していましたが、できあがったときは、とても嬉しそうな表情をしていました。
自分の作ったオニを持って、友だちと人形あそびのように会話を弾ませたり、友だちの作品と並べてボーリングのように倒したり、できあがったものを使ってあそぶ姿が見られました。
※この通りに製作する必要はありませんので、一つのアイディアとして参考にして頂ければうれしいです。

  • お気に入りに追加しました
  • 磯亜矢子さん
  • お気に入り 0
  • 160 views
  • 更新日 2021/01/18
  • 対象年齢
  • 4歳児5歳児
  • 季節
  • 2月
  • 行事
  • 節分
  • 折り紙で鬼の顔を折りましょう

    1三角に折ります。

    2一度開き折りすじをつけます。

    3折りすじにあわせて折ります。

    4裏返して写真のように折ります。

    5角を折ります。

    6さらに角を折り返します。

    7写真のように折ります。

    8写真のように角が出るように後ろへ折ります。

    9好きな鬼の顔を描きます。

    鬼の体を作りましょう

    1黄色と黒の折り紙を適当な大きさに手でちぎります。

    ここでは一般的な鬼のパンツの色をイメージして黄色と黒で製作しました。

    2黄色の折り紙をトイレットペーパーの芯にのりで貼ります。

    3次に黒の折り紙をのりで貼ります。

    4トイレットペーパーの芯の上部2か所に、写真のようにハサミで切り込みを入れます。

    仕上げ

    トイレットペーパーの芯の切り込みに、折り紙で作ったおにを差し込んでできあがりです。

    あそれぽ

    このレシピの著者

    磯亜矢子

    磯亜矢子
    公立保育園保育士。栃木県那須塩原市で2001年より勤務し、現在に至る。
    『Piccolo(ピコロ)』(学研)に製作アイディア、『お誕生会パーフェクトブック』(ナツメ社)にシアターのアイディアを提供。
    子どもと一緒に楽しむことを大切に、「明日も保育園に行きたいな」と思ってもらえるような保育を心がけている。
    保育士として勤務する傍ら、保育者向けにシアターづくりや、製作などのワークショップも開催している。

    おすすめ冬レシピ

    Hoickおうちセミナー

    Hoickおうちコンサート