【特別対談】青くんと翼くんの みんなと語りたい!保育の今・鈴木翼/Hoick~保育士・幼稚園教諭のためのWebサイト~

6/ 4 (木) 鈴木翼 おうちセミナー

【特別対談】青くんと翼くんの みんなと語りたい!保育の今

【特別対談】青くんと翼くんの みんなと語りたい!保育の今

 講座内容

この状況下において、保育者の皆さんが何を感じていたのか。
皆さんからいただいたお便りをもとに、
上町しぜんの国保育園 園長 青山誠さんと
”保育の今”を話してみたいと思います。

皆さんのお便り一部公開!

たくさんのご要望をいただきましたので、皆さんからいただいたお便りの中から
青くん、翼くんがピックアップしたお便りをご紹介させていただきます。

<青くん・翼くんからの質問>

【Q1】 コロナのなか、どんな気持ちで保育していましたか(あるいは在宅していましたか)

喜怒哀楽、もしくは「?」「!」「もやもや」「そわそわ」など、一言で表すなら。その理由も。

【A1】

『考』

経験したことのない状況に、毎日考えていました。今のこと、これからの事、考えれば考えるほど、先の見えない不安で、闇に入り込む事も多々ありました。
でも、その考えの中には、必ず子どもがいました。
元気かな? 家で何してるのかな? お手伝いしてるのかな? 早く会いたいなと考えてると、ふと気持ちが楽になっていました。
そんな子どもたちを笑顔にしたい、その願いから、新たな遊びを考えたり、発信方法を考えたり、自分の資質を高める方法を考えたり、、、
そしてまた会えた時に笑顔を見られることを想像して過ごせた日々の経験が、引き出しを増やすこととなり貴重な財産にもなりました。
なので、考 です。
子どもたちとその保護者さんの健康をただただ祈る気持ちから始まり、不安、心配、涙、無、モヤモヤ、ザワザワ、怒り、笑い、希望…といろいろ感情がぐるぐると入れ替わり立ち替わりやってきた毎日でした。
在宅になった時から、時間が止まったままでした。現場から離れ、その時やってきた感情と向き合っていました。そのようななか、今回のような、お家セミナーや遊び歌活動をされている方々の歌のライブ、対談などの配信に心が癒され、勇気づけられ、今は、これからの自分の在り方に前向きな気持ちか沸き上がってきています。

【Q2】 新しく見えてきたものはなに?

どうしても負の感情も多くなるけど、ものの見え方も変わって見えてきた希望もあるかも・・・ 新たな気づきや発見、今まで見えなかったけど見えてきたことがありますか。

【A2】

運動会や夏季保育、遠足など園の行事が例年通りに出来ないからこそ、今だから出来ることや今年しか出来ないことを考えるようになりました。
また子どもたちにも幼稚園でやってみたいことを聞き、それをもとに保育を一緒に考えていく、そんな保育も素敵だなと思います。
行事のあり方、見直しにつながっています。卒園式や入園式がいろいろな制限の中で行われました。
その中で、来賓って今後もなしでいいのでは?わけのわからない在園児が参加する意味はあるのか?など、今まで当たり前だったことへの疑問に気づかされました。
今後の方向性は決まっていませんが、考え方を柔軟にすることの大切さがわかりました。
在宅ワークが始まった時、1日家で何をしよう?と一瞬思いましたが、日々時間に追われる中で、作りたくてもなかなか作れていなかったパネルシアターや壁面飾り、保育で使えるグッズなど、たくさん作ることができたのはありがたかったです。(作るの大好きなので)また、翼くんたちがインスタライブやYouTubeなどでセミナー並みにあそびのネタを紹介して下さるお陰であそびの引き出しが増えたり、普段ほぼ読まない本も読む機会が持て、自分自身のスキルアップに繋がる時間にもなりました。園でも、隅々の掃除をしたり、環境をじっくり見直せたり、こんな状況になったからこそ出来たこともたくさんありました!
そして、何よりも先日の柴田愛子さんの話を聞き、モヤモヤはすっかり晴れていきました??蜜を避けることは難しいですが、できる努力はしつつ、子どもたちが園にくる限りは今まで通り一緒に楽しみたいです。長期休み明け、久しぶりに登園してきた子が「保育園楽しい!」と満面の笑顔で言う姿を見て、あーー、自分が大事にしたいのはここだなぁ?と涙が出そうになりました。コロナのせいで、大事な事を見失いかけていましたが、ブレずに保育していきたい、と思います。
あ!Q2の補足‥(まだあるんかーい ) 新しく見えてきたものは‥繋がることの素晴らしさです?全国の保育士さんと思いを共有しあうことで前向きになれますし、同じ思いでいる人がたくさんいる、1人じゃない、ということが本当に実感できます。
翼くんたちに、そういう場を提供してもらえることは本当に幸せです?
私は今年事務所でお話の会という行事を担当しています。
今年は全クラスが集まることはできないだろうなと思い中止にしようと思っていたのですが、
元気に登園してきておもいっきり遊んでる姿を見てあれもしないこれもしないじゃだめだってことを子ども達の姿から感じ、
集団での集まりはできなくてもクラスごとでの開催をすることにしました。1クラスごとに日程を合わせるのは大変なところもありますが、
少人数になり子どもの声をたくさん聞いて伝えたいことを丁寧に伝えることができてこれも新しいスタイルだと感じました??
新たに見えてきたもの...愛子先生がゼロにして考えればいいとおっしゃってましたよね。
毎年、恒例となっていることも、考え直すいいきっかけになっていると思います。こんなことしてみたら、子どもたちが楽しんでくれるのではないか..リスクも考えつつ、保育本来の在り方を考え、楽しみたいと思います。
そして、自粛期間中も医療従事者をはじめとしたお仕事をされていた保護者の方から労いの声をかけてもらうと、保育園がある意味や、私たち保育者の役割もあらためて考えるきっかけになりました。同じ保育をするなら、楽しい保育をしたいです。前向きな気持ちになる、きっかけを作ってくれたのは、翼くんと愛子先生です!ありがとうございます!
行事の在り方、進め方は話し合いをたくさん重ねました。
常識を取っ払って、今の状況でどんな風にしていくかを職員同士で考えることで、職員もまとまりが強くなった気がするし、子どもを真ん中にして一生懸命考えられた時間だと思います。(普段以上に)
まだ今後も続いていきますが、柔軟な発想って大事ですね!
自分ももっと発想の転換が出来たらと思います。
このいろいろな感情と向き合った時間が、有意義なものなるような仕事や生き方をしていきたい。と、考えています。
これからも、青山さんや翼さんのような方々の発信を応援させていただきたいですし、楽しみにしています!!
今回の対談も楽しみです。このような企画をしてくださっている、全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうこざいました。よろしくお願いします。
昔は何も無くて、ほとんどのものを自分のうちで作っていたよね。でも最近はなんでも手に入る事を便利だと思っていた世界の中で、このコロナが生まれ何も買いに行けなくなったり、手に入らなくなったり。。。
そんな時、無いなら、手に入らないなら自分で作るしかない。。。料理の調味料も、パンも、麺も。。。
棚や、家具まで、。。保育も手作りのおもちゃ、絵本、手遊びまで!!昔はなかった便利なツール(ネット等)を使いながらやってることは昔に戻っている。。。
なんだか進化なのか、退化なのか、わかんないことが面白いと思いながら、でも、今では買ってくるのが当たり前だった物でも、なんだ、自分にも作れるんじゃん。
なんて楽しくなってリネ。自給自足とは言わないけど、便利にあぐらを書いて使わなくなっていた自分の能力や力に(やる気)気がついて、なんとなく楽しいなぁ飲んて思ってきました。(笑)サー!人生初のパン焼くぞ!!!(笑)
今回は紹介しきれませんが、
他にもたくさんの方々の大変貴重なお便りをいただいております。
お便りお寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました!

6/ 4 (木) タイムスケジュール

【開催時間】 20:00~21:00
  • 60min.
  • 無料配信のため申込み不要です。