保育士・幼稚園教諭のためのオンラインショップ-Hoick ホイック


2013-2-23 00:20

三陸鉄道・初乗車!~その②~

さて、前回の続き。

・・・・・と、言うか携帯から更新したら作成していた後半がスッパリ無くなってた(汗)

 

 

宮古駅を出発してから片道約45分ほど。

終着駅の「小本」に到着。



三陸鉄道は運転手さんが車掌さんの役割もする。

停車時にはお客さん、一人一人に声をかけ、切符を拝見。



お客さんとの距離も近く、暖かい光景だ。

ここで、数分の停車休憩。その間に小本駅の説明やお弁当を渡される。



その頃トーマスは・・・



小本駅散策に夢中。

夢中になりすぎて、弁当も地べた置き。

そしてついに・・・・



昇天。

「我が生涯に一片の悔い無し!!!!!!!!!」って感じに。

 

停車時間は間もなく終了。そろそろ出発時間。

運転者さんはさっきと反対の車両へ移動。



車両を通り抜けて、乗客と会話を交わしながら運転席に移動します。

やはり距離が近い。イイ。



そして、これがお弁当。

「さんてつランチパック」が本格的に運行時には、さんてつ車両のお弁当に入って配布されます。



みんなでお弁当を食べながら、来た道を戻る。

同じ道でも戻る時には、また違った景色に見える。

どれ位走った頃であろうか・・・・・

 

携帯に2件の着信。

しかもトーマスから。

「・・・・・アイツ、馬鹿か?同じ車両にいて電話って・・・・・ハッ( ̄□ ̄;)!?!?!?!?!?!?!?!?」

ありえない事が頭をよぎる。

 

「・・・・・・・・・・トーマスって、乗ってる?」

 

「・・・・・え?」

皆の会話が止む。

ワッキーがトーマスの携帯に電話。

 

 

 

 

 

 



「・・・・・・・・・・・・・・・・・・トーマス、乗り遅れっス。」

車内、大爆笑。



 

まさかまさかの大事件。

電話でトーマスは

「次の列車で行くッス」

・・・・と、言うが完全復興されてないこの三陸鉄道、次の列車は・・・・

 

 

約2時間後。

もうそのまま、小本駅で1人待たせることにした。

記者でなら片道45分程度。車だと約1時間半らしい。そこから盛岡に帰るとなると・・・・・

ホント、トーマス大失態。



この後、「会議室」と呼ばれる別車両で、三陸鉄道職員、県庁職員と今後の動きの打ち合わせ。(もちろんトーマス抜きで)

さんてつ完全復興へ向け、決意を固くする。

 

とりあえず、今日はここで現地解散。

トーマスはワッキーとキムに任せ、ここから私は山田→大槌→釜石へ向かうことにしました。

 



しっかし・・・・



車窓から見える風景は、瓦礫は無くなったものの、復興には程遠い景色ばかり・・・・



完全復興はホントに程遠い・・・・そう思いました。





我々に出来ること・・・・改めて考えさせられました。

しかし、それでも・・・・・・

 



悲しいくらいに、海は綺麗でした。

 

さて、そんな時にメールが届きました。

「トーマス、確保」

 

無事、小本駅で身柄を拘束したようです。

それから間もなくして、トーマスから一通のメールが届きました。

 

「これからは「慎太郎」と言う名のとおりに、慎ましく生きていきます。」・・・・・と。

 

なんでこう、か〇の保育園の男性職員って、掛蜜といい伝説や話題が豊富なんだろうね。

お陰でまた忘れられない思い出が出来ましたよ。

 

ありがとう。トーマス。

コメントを書くにはログインしてからお書きください。

 

2 件のコメントがございます。

  1. トマト より:

    今日のナナクでの講演?楽しませてもらいましたぁ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    あきとも先生が大好きな子どもは、テレビで今日開催されることを知り、急遽行きました(笑)
    それにしても、すごい人でしたね(^ ^)

    四月から民営化になり、あきとも先生ワールドになるのを楽しみにしてます。
    ぜひ、チームで飯岡保育園にも来て下さい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    ワッキー先生もかっこいいですしね(*^^*)

    みなさんも、本業も大変でしょうが、ご活躍期待してます(^^)

  2. チームファンタジスタのファン より:

    娘がチームファンタジスタにハマってます 。
    前回Videoで撮ったのを、毎日観てます(笑)朝も保育園から帰宅後も(笑)
    娘にはチームファンタジスタブームがきてるようです☆

    前回、ライブの最後におっしゃってた言葉。
    子供は親にされたように、自分の子供にしてしまいます。この言葉、ささりました。
    まさに今、それで悩んでました。
    息子は私と共に、暴力を受けてきた時期があります。もちろん、今は離婚も成立し、会うこともないのですが、傷は深かったです。療育センターに通って心のケアをした時期もありました。保育園の先生方の支えもあって、息子は今、本当に自分を愛してくれるお父さんは、他にいると思えるようになり、お父さんができたら、あれやって、これやって、と色々考えているそうです。
    男のかたを見ると怖がっていた息子が、こんなふうに変われたことが嬉しいです。
    そして、子供たちは将来保育士になりたいそうです。
    男性保育士をみて、そういう夢を抱いたみたいです。
    本当にありがとうございます。

    私自身がまだ気持ちがついていかないのですが、先生のお言葉もありましたし、もし、そういう機会があったら、子供たちにたくさん愛情を注いでくださる方と巡り合えたらいいのかな?と思います。

    これからも楽しみにしています☆